新元号「令和」に決定!!

2019年04月01日

新元号「令和」の意味・理由

人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。
梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように。

新元号・令和の出典は現存する日本最古の古典「万葉集」から。

32首の序文にある梅の花の歌、「初春(しょしゅん)の月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風(かぜやわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」という文言から引用したという。

30日に天皇陛下が退位され、翌5月1日に皇太子さまが新天皇に即位される。あわせて元号を平成から令和に改元する。

安倍首相は、新元号が令和に決定した経緯について

「梅の花のように、ひとりひとりの日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいという願いをこめ、令和に決定した」と話した。